FC2ブログ

記事一覧

フランスの話にびっくりした。

今し方夜のバイトの帰りにいつものように深夜便を聞きながら車を運転していた。フランスの葡萄農家へ嫁いでいった女性の方の話だった。フランスでは昆虫に興味のある人は殆ど居なく、日本のように虫の音を楽しむ習慣もなく虫は害を及ぼす厄介者としか扱われていないそうだ。フランス人に昆虫記を書いたファーブルの話をしてもそれって誰と言うくらいだそうです。そんな中近年の農薬使用によって4割も虫が減ったそうで、特に蜜蜂の...

続きを読む

今年はオリジナル乾麺復活です。

今年は少なかったですが初めてモチ系裸大麦の収穫がありました。製粉してみると1キロ。この1キロを今までの配合に加えてやっと乾麺を作ることが出来ます。オリジナル乾麺を積極的に作ってくれそうな製造業者が中々見つかりませんでしたが、作りますよと快く受けてく多ところが有りました。実は自分で製造器を購入して加工所を作ろうと思っています。それまでの間どうしても委託で作ってくれるところを探さないといけなかったし、...

続きを読む

播種前の仕上げの耕転とりあえず半分終了です。

アカザの茂っていた部分全部の耕転作業が終わりました。アカザの茎は大きいので深く耕転します。 ゆっくり丁寧にやるのですが、結構茎が残っておりこのまま播種機が上手く仕事をしてくれるのか少し心配です。後はクローバーを茂らせているところと蕎麦の収穫した後大急ぎで耕転という事になります。おまけ記事餅米もコガネに染まり始めているのですが、穂が白く枯れてきたところが出始めました。病気だと思います。種は購入したも...

続きを読む

耕転作業3回目。

麦の種蒔き準備のための耕転作業の続きです。前回の耕転で草のすき込みは8割ほど出来ていますが、その後の雨もあり既に南圃場は草が茂り始めてきています。これ以上茂らせては前回の耕転の意味が無くなってしまいます。気温も低くなってきましたのでこれで播種前の仕上げの耕転にしたいところです。北圃場と真ん中の圃場はアカザが多かったところです。ここは緑の葉をした雑草は全く出てきていませんが、太い残幹が目立っています...

続きを読む

9月の通信

きんぴら自然農園通信発行者、中野人士2019年9月【 これっているもの? 】 きんぴら工房のお店は食堂として復活させることは難しかった。今店は誰も使わないのでがらんとした音に包まれている。自宅の入り口に物置小屋としてあるプレハブ小屋がある。現在は私の工作場として使っているのだが、ここに有る物を全部どこかへ引っ越さないといけなくなった。2階には木工関係の機械からミシンや布など、画を描くための多くのも...

続きを読む

プロフィール

きんぴら農園長

Author:きんぴら農園長
FC2ブログへようこそ!